八王子の老人ホーム・介護施設ガイド » いろいろある老人ホーム・介護施設の種類 » 介護療養型医療施設

介護療養型医療施設

おもに医療法人が運営する公的な介護施設「介護療養型医療施設」のサービス特徴や入所基準、費用などをまとめました。

介護療養型医療施設とは?

介護療養型医療施設は、おもに医療法人が運営する介護保険施設です。医療面でのサービスは、ほかの介護施設と比べて最も充実しています。

ただし、医療が中心となるため特別養護老人ホームや、介護老人保健施設よりも医療費の負担が大きいのが特徴。介護療養型医療施設には、医療保険が適用となる医療療養病床(医療型)と、介護保険が適用となる介護療養病床(介護型)があります。

施設では、食事・排泄などの生活介助は受けられるものの、あくまで医療機関なので急性期から回復期の患者に対する、医療処置とリハビリテーションが中心です。

特別養護老人ホームや老人保健施設よりも、重度の介護の方をケアするのが本来の役割。実際は、医療や看護を必要としない入居者が大半を占めてしまっていることから、今後は介護療養型医療施設は廃止させ、介護老人保健施設の医療サービスを充実させた「新型老健」への転換が進む予定です。

介護療養型医療施設で受けられるサービスの特徴

医師による診察が受けられるほか、医師や看護師による医療ケア、機能訓練指導員によるリハビリテーション、介護職員による介護などが受けられます。

100床あたりの人員基準は、医師が3名、看護・介護職員がそれぞれ17人以上、リハビリスタッフが適当数、介護支援専門員が常勤1人以上いること。医療ケアが必要な人にとっては安心できる環境です。ただし、特別養護老人ホームでは提供が難しいとされる痰の吸引や、胃ろう、経鼻栄養、酸素吸入などの医療処置が充実していますが、一般的な有料老人ホームで提供されているような掃除や洗濯、レクリエーションなどの生活援助はあまり期待できません。利用者が過ごす生活空間も、通常の病院に近い環境です。

介護療養型医療施設の入所条件

要介護1~5までの65歳以上の高齢者であることが条件。加えて、感染症などの疾患がなく、長期入院を必要としないことなど、施設によって入所条件がさまざまです。60~65歳であっても初期の痴呆状態であると認められた場合は、入所できることもあります。

介護療養型医療施設の費用目安

初期費用はなく、月額利用料を支払っていくことになります。医療費が加算されるため、特別養護老人ホームよりは高額傾向です。

●介護療養型医療施設の費用

介護療養型医療施設は2012年から新設が廃止となったことや、定員の9割以上が埋まっていることなどから、入所までには数カ月程度の待機期間が発生します。

また、この制度自体も2020年には一度廃止されることが検討されているので、施設の存在が今後どうなるか分からない不安材料があります。また、症状が改善すれば退去しなければならない可能性もあるため、終身利用できないかもしれない点は頭に入れておきましょう。

八王子の老人ホーム・介護施設ガイド

八王子にある主な有料老人ホーム

八王子にある主なサービス付高齢者向け住宅

八王子にある主なグループホーム

いろいろある老人ホーム・介護施設の種類

適正な老人ホーム費用は?シミュレーション

サイトマップ