八王子の老人ホーム・介護施設ガイド » いろいろある老人ホーム・介護施設の種類 » ケアハウス

ケアハウス

軽費老人ホーム(ケアハウス)について、介護サービスの特徴や利用費用、入所基準、入所難易度などの基本情報をまとめました。

軽費老人ホーム(ケアハウス)の介護サービス詳細について

ケアハウスは、社会福祉法人や地方自治体、民間業者などが運営母体となる介護施設で、家庭での生活が困難な高齢者に食事・入浴などの生活介助サービスを提供しています。ケアハウスには、「軽費老人ホーム(A型・B型)」「ケアハウス(C型)」の3種類があり、それらを総称して「軽費老人ホーム」と呼んでいます。

A型とB型は、自立した生活ができる高齢者向けの住まい。家庭の事情などで家族と同居ができない高齢者が入居対象です。A型には食事の提供がありますが、B型は自炊が基本となります。

一方、ケアハウスは自立した生活が困難な高齢者向けの住まい。システムとしてはA型とほぼ同じになります。原則として介護や医療ケアが常に必要になった場合は、退去を促されることもあるものの、ケアハウスの中には終身利用が可能な施設もあります。

ケアハウスで受けられるサービスの特徴

介護スタッフによる見守りや、食事・掃除・洗濯の生活援助などを提供する「自立型」と、重度の要介護者に向けて入浴・食事・排泄などの介助のほか、リハビリテーションや医療処置を提供する「介護型」の2種があります。

自立型で要支援や要介護が認められた場合は、介護保険の申請を行って外部の介護サービスを利用します。一方、介護型は有料老人ホームと同じように施設に属するスタッフによる介助が提供されます。

介護人員は、要介護者3人につき介護職員1人を配置する必要がある特別養護老人ホームと同基準です。

基本的にひとり暮らしを想定した個室がメイン。ケアハウスのなかには夫婦で住める居室を備えた施設もあり、施設内にはバリアフリーが施されているほか、万が一に備えて緊急通報システムが設置されています。

ケアハウスの入所条件

一般型の場合、60歳以上の高齢者または夫婦のどちらか一方が60歳以上。介護型の場合は、要介護度1以上の65歳以上の高齢者という条件があります。そのほかの条件については施設によってさまざまです。

ケアハウスの費用目安

原則として、初期費用・月額費用ともに必要となりますが、一般型のなかには初期費用がかからない施設もあります。

●ケアハウス(一般型)の費用

●ケアハウス(介護型)の費用

以前は、ケアハウスの運営が認められているのは社会法人または自治体のみでしたが、民間業者もケアハウスの運営が許可されたことで、ケアハウスの定員は急増しました。

2010年には、都市型軽費老人ホームの法改正があり、定員や居室面積の条件が引き下げられたことから、多くのケアハウスができています。このような背景から、入居の難易度はそこまで高くないのが現状です。

八王子の老人ホーム・介護施設ガイド

八王子にある主な有料老人ホーム

八王子にある主なサービス付高齢者向け住宅

八王子にある主なグループホーム

いろいろある老人ホーム・介護施設の種類

適正な老人ホーム費用は?シミュレーション

サイトマップ